トランスファーショック

調べものをしていて出くわした用語 – トランスファーショック。

病気や障害が起こった時に、病院に入院したり、施設に入所したりすることで環境が大きく変化するために、トランスファーショックが起こることが知られている。
高齢者は適応能力が低下しているために、環境が大きく変化すると、「空間、時間、規則、言葉の落差」に適応できず、活動の低下、認知症の進行、生活に伴う事故が起こることもある。また、孤独に苛まれて悲しむ人も少なくない。同じ場所で継続したケアを行うCCRCでは、トランスファーショックを防ぐことができる。

一年ほど前、父親は、まさに、この状態で、
こうした用語と向き合うのもつらかったけれど、やっとなんとかするためのアクションの気持ちがわいてきた。

タイトルとURLをコピーしました