2014.7.31

7月最後の日。真夏の暑さは一年前と変わらない気がします。

母親が亡くなってから、ちょうど1年になりました。
その間に、父親の衰えは一気に進み、もうじき生命線を越えようとしています。
一年前の悔いを繰り返さないよう、できるだけのことをしようと努めました。ただ、自分が腑に落ちるかどうかだけを頼りにして。世の中のいい加減さや強引さに 怒ったり、ずいぶんと凹まされもました。本人はどう思っているのかも分かりません。正解だったのかどうなのか、間違ってしまったかも?という疑いも晴れません。
自己満足と言われるのを覚悟で、やるべきことはやってきたと思いたいです。タイミングさえ合えば、最期の「死に目」に立ち会うことができれば、、それだけ叶わないかと望んでいます。
すみません、暑苦しくて、、

タイトルとURLをコピーしました